2012年のKindle Paperwhite(以下Kindle PW)を最新の32GBマンガモデル(2016年製)に乗り換えてから、Kindle PWを持ち歩く率が尋常じゃなく増えました。自宅でも外出時でも。

現在クラウドに127冊の書籍および漫画があり、端末にダウンロードしてあるのは82冊。そろそろ整理していかないと、読みたいものを探すのが面倒になってくる頃です。

電子書籍はちゃんと整理していないと、読みたいものを探し当てるのに時間がかかるのが欠点。

逆に言えば、整理さえできていればこの上なく探しやすくて便利なものです。

Kindleは特に説明書もないため、整理の仕方をあまり知らない人もいるんじゃないかな、ということで↓。

今回はKindle PWで本を管理・整理するための「コレクション」という機能について、僕なりのやり方を紹介します。

(5年も持っている割に冊数が少ないのは、当時はあまり使えないなと思っていたからです…。昔と今のKindleの性能の差は「Kindle Paperwhiteマンガモデル(32GB)を買いました。4年の歳月による圧倒的成長」の記事参照で。)

おすすめ記事セレクト

「コレクション」とは?

Kindleでは、書籍をグループに分けて管理する「コレクション」という機能があります。

たとえば

  • ある連載コミックをまとめる
  • 小説や啓発本をジャンル分けしてまとめる
  • Kindle Unlimitedでダウンロードした書籍を一括りにする

など、コレクションならあなたの使い方に合わせて様々な分け方ができるようになります!

Kindle PW内にどれだけ本の冊数が増えたとしても、コレクションで整理すれば一瞬で目的の本を見つけられるようになるんですね。

つまり、コレクションはKindle PWの管理・整理には欠かせない機能だということですね。

コレクションでKindle本を整理する

コレクションを使ってKindle PWの本を整理してみよう!ということで、ここからはKindle PWでコレクションを作成→整理していく流れを見ていきましょう。

今回はKindle PWでの整理方法を紹介します。PCやiPhoneなどでもできますが、ちょっと長くなるのでそれはまた次回。

kindle-collection

まずは例として、現在「期間限定無料作品」となっている漫画をズラッとダウンロードしてみました。ナルトとかちはやふるとか、有名作品も1〜5巻の間で試し読みができるのがKindleの強みありがたみ。

僕はこういう無料でダウンロードした本は読んだら消す派なので、漫画ごとに分けるよりも「期間限定無料」というコレクションを作り、そのグループに全部を放り込んでおこう思います。

では作り方。

kindle-collection1

まずはコレクションのボックスを作ります。Kindle PWのメニューより、「新しいコレクションを作成」をタップします。

kindle-collection2

名称を決め、それぞれを入力していきます。ここでは「期間限定無料(きかんげんていむりょう)」と記述しました。

kindle-collection3

コレクションのボックスが完成すると、その中に入れる本を選択できるように。右にある四角をタップすると、チェックマークが入ります。チェックされた本が、先ほど作ったコレクションの中に入っていきます。

kindle-collection4

「最新▼」となっている部分をタップすると、「タイトル」や「著者」順に並び替えてくれるので、必要であれば活用してください。

あとは先ほどダウンロードした期間限定無料の本をひたすらチェックしていくだけです。すべてチェックしたら、「完了」をタップして終了です。

新たにコレクションに入れたいとき

新たにコレクションに入れたいものができたときは、指定の本を長押ししましょう(うっかり入れ忘れたときにも)。

kindle-collection5

そうするとこのような画面になりますので、「コレクションに追加」をタップして、任意のコレクションに追加→「完了」しましょう。

複数冊ある場合は、コレクションそのものを長押しして、「アイテムを追加/削除」にてそれぞれチェックを入れていけばOKです。

複数のコレクションに入れることも

整理が面倒になるのであまりおすすめはしませんが、1冊の本は複数のコレクションに入れてもOKです。

僕は1冊1コレクションを基本としているので、今後もやる予定はありませんが。

まとめ

コレクション機能を使えば、Kindleで読書をするときに読みたい本を探すのが本当に楽になります。

バッチリ整理できれば現物の本よりも見つけるのが断然早くなりますし、コミックの抜け落ちも防げます。

また、作ったコレクションはPCやiPhoneなどにもちゃんと同期されるので、一度作ってしまえば全ての端末に反映されるのもポイント。

ぜひコレクションを使って、あなたなりの整理・管理方法で快適なKindleライフを!

関連記事:Kindle Paperwhiteマンガモデル(32GB)を買いました。4年の歳月による圧倒的成長

おすすめ記事セレクト