2017年1月27日(金)から公開された映画「マグニフィセント・セブン」を観てきました。

「七人の侍」「荒野の七人」などのリメイク版ですね。僕まだこれらの作品観ていないのですが。この辺観るとまた感想も変わってきそうですが、ここでは今現在の気持ちのままレビューしていこうと思います。

当然のようにネタバレについては気にしておりませんので、ご注意ください。

あらすじと基本的な情報

the-magnificent7

冷酷非道な悪漢バーソロミュー・ボーグに支配された町で、彼に家族を殺されたエマは賞金稼ぎのサム、ギャンブラーのジョシュなど荒れ果てた大地にやってきた<ワケありのアウトロー7人>を雇って正義のための復讐を依頼する。
最初は小遣い稼ぎのために集められたプロフェッショナルな即席集団だったが、圧倒的な人数と武器を誇る敵を前に一歩もひるむことなく拳銃、斧、ナイフ、弓矢などそれぞれの武器を手に命がけの戦いに挑んでいく―。
公式サイトより引用

監督は映画「トレーニング デイ」や「エンド・オブ・ホワイトハウス」などで知られるアントワーン・フークア監督。僕はこの監督の映画初めてだったんですけどね。シリアス系クライム・アクションが得意なようです。

俳優陣がとにかく豪華で、デンゼル・ワシントンクリス・プラットイーサン・ホークらが出演。フーリオ監督の過去作に出演していたメンバーが多数出ているようで、監督としても一つの集大成的な作品にしたかったんじゃないかな、という風にも感じられます。

「マグニフィセント・セブン」ここが魅力!

序盤のマット・ボマーがとても良い

序盤に町が支配される描写があるんですけど、そのときに立ち上がる一人の男がいるんですね。それがマット・ボマーなんですけど。

彼はドラマ「ホワイト・カラー」で主演をしたり映画「マジック・マイク」などにも出演したりしている個人的に好きな俳優なんですが、この映画の中でもかなり重要な役割を担っています

観れば分かるんですけど、ひたすらカッコいいんですよ…!映画の導入部分は引き込むためにかなり大事なので、ここに彼がいたことは個人的には超最高でした。

設定をしっかりと使い込むセンス

予告でも紹介されているように、それぞれ役割が異なる7人が集まって一緒に戦う映画なんですけど、設定をしっっっっっかり使い込んでいて。とてもセンスを感じます

ナイフを使う者の動き(この辺はさすがのイ・ビョンホン)だったりギャンブラー(というよりペテン師)のクリス・プラットの人を騙すシーンだったり、それぞれの設定を活かした戦い方が展開されていくのは観ていて痛快。

中には地味に映っちゃう人もいますが、7人もいればそれは仕方ないかな…ということで。

西部劇ってだけで好きになっちゃうんスよね…

これは完全に個人的な趣味ですが、僕めっちゃ西部劇好きなんですよ。雰囲気がやっぱ良いじゃないですか。ていうか今作はモロにゲーム「レッド・デッド・リデンプション」な感じでしたね。

西部劇としては「ミラーズ・クロッシング」や「欲望のバージニア」、「トゥルー・グリット」あたりが好きです。90年代以前のものはあまり観ないタイプの人間なので、結構偏ってます…。

「マグニフィセント・セブン」ここがイマイチ…

敵役の魅力が微妙

主役級が7人いると考えればある意味仕方ないことかもしれませんが、敵側に全然魅力を感じません。俳優が悪いという意味ではなく、役としてそもそもつまらないという印象ですね。

「金持ちが兵隊買って威張ってる」みたいなやつがボスなので、どうしても敵がダサいし強くなさそうに感じちゃう辺りがね…。

敵役の攻め方がおざなり過ぎる

これは敵全員の話なんですけど。いくら相手が“7人”だとしても、町を相手取ることになるのは目に見えてるんだから、「合図があって全員で攻める」っていうのはどう考えてもダメでしょ…。

町は7日の猶予があるため、罠に守りにしっっっっっかりと準備をしているというのに、この攻め方はひどいです。ここからも敵側の魅力のなさを感じ取れてしまいますね。戦は数じゃないことなんて、漫画「キングダム」を読んでいれば誰だって分かることです。読みましょう。

消化不足感は否めない

特に顕著に思った部分としては、スナイパーのグッドナイト・ロビショーが全然引き金を引かないシーン〜過去の話をするまでのところです。間延びしすぎ

「何か理由があるんだろうな」とは思いましたが、その答えにたどり着くまでが長い。全員がなんとなく触れないっていうのもちょっと何だかなって感じでしたね。

でもグッドナイト・ロビショー(イーサン・ホーク)とビリー・ロックス(イ・ビョンホン)の2人はめちゃくちゃカッコ良かったので、むしろこの2人のスピンオフ作品が観てみたい。それで消化してくれたら全然許すよ←

個人的に一番良かったシーン

敵は見るからに「弱いだろうな」って感じで観てたんですが、一場面だけ最高にカッコいいシーンがありました。これで「強い…!」な役だったら尚良かったんでしょうけど。

予告でも出ているガトリングガンがありまして。これを打つ前に敵役のバーソロミュー・ボーグピーター・サースガード)はタバコに火を点けるんですね。

で、打ち終わったタイミングでタバコを吸い終える。その短い時間で町はボコボコ。かかった時間の短さを表現するのに最適なカットですよね…!このカットは流石にカッコよすぎて、ニヤつきながら震えてましたよね。まあ結局弱いんですけど←

まあでも、それを差し引いてもここは今作の見せ所の一つだと思います。未見の人は見逃さずに。

おわりに

映画「マグニフィセント・セブン」は西部劇らしい西部劇で、西部劇初心者が観たら普通に楽しめるんじゃないかなと。テーマとしては「復讐」や「正義」なので、色んな意味でテンプレ化した西部劇らしい魅力を堪能できるのではないでしょうか。

出演する人も黒人、アジア人、インディアンと“最近の映画感”満載だし、クリス・プラットのコミカルさが良い味出してます。

「マグニフィセント・セブン」:71/100